4×4
ルービックキューブ
簡単?6面完成攻略法
日本配色Ver.
攻略メニュー
4×4TOP
ステップ0:
4×4ルービック
キューブの基礎知識
ステップ1
ステップ2

おまけメニュー
自力で3×3
出来る方へ

3×3ではありえない状態になった時の対処法

おまけメニュー2

絵付き4×4
中央の揃え方

ステップ1 ステップ2
ステップ3 ステップ4


サイト内リンク
ルービックキューブ
TOP
HOME

広告

ステップ0:4×4ルービックキューブの基礎知識


ルービックキューブ買うなら


ベストセラー




自分で色々探したい人は
ココでサーチ!!

ここでは、4×4キューブの基礎知識(と言うか予備知識)を紹介します。
参考程度にご覧ください。

早速6面揃えたい方はコチラからどうぞ!

☆4×4ルービックキューブは万能キューブ!

6面揃った状態で、回す場所を限定することで、2×2や3×3キューブとして使う事が出来ます。

←このように太線のところだけで回せば2×2キューブ
←ちょっといびつですが、太線のところだけ回せば3×3キューブ

☆中央のパーツの配置がずれます。

3×3キューブは構造上中央のパーツの配置がずれる事はありませんが、
4×4ではあっちこっちに移動します。

どういう事かと申しますと、
構造上、中央のパーツが固定されていないため、自由に動くことができる。
ということです。

攻略法のステップ1では、まず中央の色を揃えていきますが、色の配置を適当にすると、
6面揃える事ができません!

日本配色で説明します。

例えば、こんな感じで中央の色を適当に揃えたとします。

このように揃えて、6面を揃える場合、
紫色の角には、下図の通り「白青赤」のパーツが必要となります・・・が、

残念ながら、このような「白青赤」色のパーツは存在しません。(シールの張替えをするなら別ですが・・・)

色の配色を、自らの意思できちんと揃えていく必要があります。
日本配色では

図のように
青を上、黄を正面に持った場合、
「青の裏側は白」、
「黄の裏側は緑」
「黄の右側は赤、左側はオレンジ」

4×4キューブを攻略する上で、中央のパーツが固定されていないことがとても厄介です。
「色の配色を覚えること」が6面攻略への近道になります。

▲ページTopへ
4×4TOP 次へ→
ルービックキューブTOP HOME

Copyright © 2006-2017 macoZy All Rights Reserved.